苦戦・・・宮古島での部屋探し

こんにちは!

宮古島をこよなく愛する管理人のMisaです (^^♪

 

 

私が移住するために実際に自分がやってきて、

大変なこともたくさんのありましたが、

そんな中で【素晴らしい出会い】があり

その方とのご縁で無事に移住を果たせました。

 

 

 

以前、私が宮古島に移住をする時に一番大変だったことを

書いたのですが ⇒私の宮古島移住の最大の難関は

 

 

当時無職だった私は【住む部屋の契約】がとても大変でした(>_<)

 

 

いくら「傷病手当」や「失業手当」をもらっていても

社会的には全く認めてはもらえませんから…

 

しばらくは仕事をしなくても、家賃は払えるし

生活だって、贅沢をしなければやっていけます。

 

でも、

 

不動産屋に行っても『就職先の内定をもらっていること』

 

 

これが部屋を借りることの最低条件でしたね^^;

やはり「定職についていない」ということは、

世間にこんなに冷たくされるんだ・・・

 

 

久しぶりに世の中に

【ひとりの人間として認められていない】

 

そんな気落ちもありましたが、事前にちゃんと

調べてこなかった自分も悪かったし、

情報収集の大切さを身に染みた瞬間でもありました。

 

 

たしかに、本州から移住してくる人で宮古島に親戚がいない。

宮古島以外の沖縄県にも親戚がいない…

それは 『信用されない』 ことを意味していますから(^_^;)

 

 

仕方ないと言えば仕方ないんですけど。

そんなことを事前に調べきってから行動を起こさなかった

自分にも落ち度があったのは確かです。

 

 

でも・・・

 

 

どうしても 『移住』 したい私は、あきらめるという選択肢を

持っていませんでした。

 

_20160327_221032

 

こんな素敵な海を毎日見ながら生活ができる…

自分が生き生きと生まれ変わったようになって、

本来の自分を取り戻せる…

 

決して「憧れ」だけではなくて、本当に
自分の人生を変えたかったんです!(^^)!

 

 

そして私は不動産屋巡りをやめて自分で歩きながら

部屋探しをすることにしました!

 

 

【空室あり】の貼り紙を見ながら、

いろいろ探してまわりましたね~~

 

慣れない土地で、足を棒にして小路にも入りながら、

集合住宅がたくさんあるような場所を探し歩いて、、、

貼り紙や、外観を見ながらい1棟づつ見て歩きました。

 

 

そんなことを続けているうちに「ある衝撃的な出会い」
があったのです!!

 

 

その「衝撃的なある出会い」で、私の宮古島移住が

決まったことは間違いない。。。

そう言っても過言ではありません。

 

 

その「衝撃的な出会い」とは、、、

 

★次回にまたお伝えしますね~~ ♪

 

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

 

2016-05-22 | Posted in 宮古島移住No Comments » 

関連記事

Comment





Comment